犬にトマトを与える時の注意点と期待できる効果とは?

犬にトマトを与える時に注意点と期待できる効果とは?

生食や焼いたり煮たりとどの食べ方でも、おいしくて栄養価も野菜や果物の中でかなり高いトマトですが、私たちと同じように愛犬たちもトマト食べることができるのでしょうか?

今回は、犬にトマトを与える時の注意点と期待できる効果について紹介していきます!

森くん

さっそくトマトについて

犬はトマトを食べても大丈夫!

犬はトマトを食べても大丈夫!

完熟トマトであれば、愛犬たちが食べても大丈夫です!

完熟トマトには、「ビタミンC」「リコピン」「ミネラル」「βカロテン」など、体の調子を支え守ってくれる栄養が豊富です。

愛犬たちに不要または健康に悪い成分は、完熟トマトに入っていませんので、安心して食べてもらえます。

ただ、完熟トマトのみの話で、完熟していないトマトはトマチンという害虫から身を守るために分泌している毒素があり、食べてしまうと体調を崩してしまいます。

なので、トマトは「完熟トマト」を食べさせてあげてください!

↓あわせて読みたい↓

犬が食べてはいけない危険な果物と野菜はこれだ!食べていいものと食べてはいけないもの33選 犬が食べてはいけない危険な果物と野菜はこれだ!食べていいものと食べてはいけないもの33選

森くん

他の果物や野菜もチェックしておこうね!

トマトを食べた犬に期待できる効果

トマトを食べた犬に期待できる効果

トマトを食べた犬に実際どのような効果が期待できるがわからないと、ただ食べさせるだけじゃ意味がありませんよね?

そこで、トマトを食べた時に期待できる効果を紹介していきます!

森くん

トマトを食べえて期待できる効果を見ていこう!

抗酸化作用で老化やがん予防!

トマトには、老化予防やがん予防に効くと言われている「リコピン」が含まれています。

このリコピンは、体に溜まってしまった活性酵素を取り除いて、老化を遅らせることやがん予防を期待できます!

活性酵素は、運動後や不規則な生活をしている犬に溜まりやすいですので、生活が乱れやすい子に食べさせてあげるといいですよ!

森くん

よく動き回る子にオススメだね!

体の内と外の徹底的にサポート!

トマトに含まれている「ビタミンC」は、リコピンと組み合わさることで骨や皮膚など、これらに必要なコラーゲンを作り出し体全体の健康維持に役立ってくれます!

ビタミンCには、免疫力を上げてくれる作用もあり、病気になりにくい体作りに持って来いです!

森くん

健康面をばっちりサポートしてくれるよ!

水分補給しつつ利尿作用も!

トマトの90%が水分となっており、ちょっとした喉の渇きを潤すことができます。

また、利尿を促すカリウムも含まれているので補給した水分で尿を出し、余分な塩分を出すことができます!

塩分のとりすぎて困っている子にとても嬉しい働きをしてくれますよ。

森くん

健康面をばっちりサポートしてくれるよ!

愛犬にトマトを与える時の注意点

愛犬にトマトを与える時の注意点
愛犬の健康維持に良いことがわかりましたが、トマトを実際に与えるため、知っておきたい注意点を紹介していきます!

森くん

安心して食べたいから、しっかり見ていこうね!

熟していないトマトはダメ!

先ほども言った通り、完熟していないトマトにはトマチンという毒素を含んでいます。

トマチンが含まれている状態で与えてしまうと、毒素によって「頭痛」「嘔吐」など、様々な症状の原因となってしまいます。

なので、完熟トマト以外のトマトを与えてないようにしてください。

森くん

熟していないトマトは危険だよ!

葉・茎なども与えてはダメ!

トマトは完熟しているのであれば、与えても大丈夫というわけではありません。完熟しているトマトでも、葉や茎にはトマチンが含まれています。

葉はともかく、茎は完熟トマトに残ったものが多いのでトマトをそのまま与えるのではなく、取り除いてから与えるようにしましょう!

森くん

茎・ヘタは必ず取り除いてね!

アレルギーに注意!

野菜や果物でアレルギーを引き起こす子がいるため、初めてトマトを与える時に量を少なくし、様子をみて何かしらの体調変化が無いか確認をしつつ与えてください。

もし、アレルギー持っているのであれば、トマトを与えるのはやめましょう。

森くん

どんな食べ物でもアレルギーがあるから、ちゃんとあるかないかの確認はしようね!

まとめ

食べれる部分と食べれらない部分をしっかり分けてあげることや、ちゃんと熟している物を選ぶなどの注意すべきことをしっかり覚えて与えるようにすれば、愛犬たちに安心して食べてもらえます。

トマトだけでは、例え栄養があるとはいっても栄養の偏りがでてしまいますので、ドッグフードをメインとしつつ食欲が無い時やおやつとして与えるようにしましょう!