評価ランク
100gあたりの価格
 
ライフステージ
 
原産国
   
 
住居環境
モグワン半額キャンペーン実施中!

涙やけや皮膚炎などシーズー特有の悩み別に解説!おすすめのドッグフード5選!

愛らしい外見のシーズーは人気が高い犬種の一種ですよね。ですが、実は皮膚炎や涙やけなどのお悩みを抱えている飼い主さんが多いことをご存知でしょうか?「皮膚炎や涙やけが中々治らない……」という場合は、もしかしたら日頃食べているドッグフードが愛犬の体質に合っていないからかもしれません。
そこで今回はシーズーのお悩みに注目し、おすすめの原材料を解説しながらドッグフードの選び方のポイントについて紹介していきたいと思います!

シーズー特有のお悩み別!対策になるドッグフード原材料とは?

数多あるドッグフードの中で「どれが愛犬に合っているんだろう?」と頭を悩ませる飼い主さんは多いですよね。現在ドッグフードは種類も品質も値段も様々なものがありますが、よく調べないで適当にか買ったものを与えてしまっている……なんてことはないでしょうか。

もちろん、今与えているドッグフードを愛犬が美味しそうに健康に食べている場合は何の問題もありません。ですが、もしも愛犬に何らかの困った症状が出ているのならば、そのお悩みにアプローチできるドッグフードを選ぶことがとても大切になってきます。

シーズーにもまた特有のお悩みやかかりやすい病気がいくつかあるのですが、ここでは下記の4つについて説明していきたいと思います。

  • シーズーのお悩み①:涙やけ
  • シーズーのお悩み②:肥満になりやすい
  • シーズーがかかりやすい病気①:皮膚炎
  • シーズーがかかりやすい病気①:角膜炎・結膜炎

というわけで、シーズー特有のお悩みと特にかかりやすい病気の対策になるドッグフードの条件と原材料について順番にご紹介しますよ!
上記4つのお悩み・病気に対して悩んでいる飼い主さん必見です!

シーズーのお悩み①:涙やけ

涙やけとは目から溢れた涙で目の周りの皮膚や毛が変色してしまう症状のことです。涙やけにはいくつかの原因がありますが、主な原因は「先天性(遺伝的)なもの」「逆まつげや結膜炎など外科的なもの」「ストレスによるもの」「食事によるもの」となっています。
ここでは「食事によるもの」について説明していきたいと思います。

まず涙やけの原因になる食べ物としては、添加物が多いもの・消化しにくいもの・アレルゲンとなるもの等が挙げられます。まず第一に涙やけ対策のためには無添加のドッグフードを選ぶことが重要です。また、もともと犬は穀物類を消化しにくいと言われていることをご存知でしょうか。穀物類を多く含むドッグフードを与えていると嘔吐や下痢を引き起こしやすくなりますし、さらに小麦やトウモロコシなどの穀物類はアレルギーの要因にもなるとされています。ですのでアレルギーを防ぐためにも「グレインフリー(穀物不使用)」もしくは「グルテンフリー(小麦不使用)」といったドッグフードを選ぶようにすると良いですよ。

涙やけは愛犬の食生活や活動量を見直すことで改善することもありますので、しっかりと愛犬を観察することが大切です。

■シーズーの涙やけ対策になるドッグフードのポイント

  • 無添加である
  • グレインフリー(穀物不使用)・グルテンフリーである

シーズーのお悩み②:肥満になりやすい

シーズーは小型犬ですので1日のうちに必要なカロリー以上のカロリーを摂ってしまったり運動不足になると、すぐに太り気味になってしまいます。一度肥満になってしまうと運動を嫌がるようになってしまう子が多いので、食べ過ぎと運動不足の悪循環に陥ってどんどん肥満になっていく恐れもあります。

シーズーは鼻が低いため呼吸系の病気にかかりやすいと言われており、もし肥満になってしまうと呼吸系のトラブルが起こりやすくなってしまいます。また足が短いことから、椎間板ヘルニアにも注意が必要になります。ただでさえ椎間板ヘルニアは辛いのに、その上肥満になってしまうと腰椎にかかる負担は計り知れませんよね。最悪の場合、歩くのが困難になってしまうことだったあるのです。
つまり、シーズーにとって肥満は大敵であると言えます!

肥満対策には栄養バランスがしっかり整っているドッグフードを選ぶことが大切です。また、脂質が多いと太りやすくなりますので脂質が低いドッグフードもオススメです。
また、シーズーは散歩が好きな子が多いので、散歩も含めて運動もしっかりさせてあげると良いでしょう。筋肉量を適正に保つためにも良質なタンパク質が豊富に含まれたフードも最適ですよ!

■シーズーの肥満対策になるドッグフードのポイント

  • 栄養バランスが整っている
  • 低脂質である
  • 高タンパクである

シーズーがかかりやすい病気①:皮膚炎

シーズーは皮膚が敏感な子がとても多い犬種で、アレルギーやアトピー性皮膚炎にかかりやすいとされています。また腸内環境の悪化が皮膚炎に繋がることもあります。

実は食べ物に関する皮膚炎対策はアレルギー対策と重なる点がとても多いんです。アレルギー対策が必然的に皮膚炎対策につながっている場合もよくあります。

というわけで皮膚炎兼アレルギー対策として有用なのは、まずグレインフリー(穀物不使用)もしくはグルテンフリーのドッグフードを選ぶことになります。もちろん添加物もアトピー性皮膚炎の原因になりますので避けましょう。

また、皮膚を良好に保ち毛並みや毛艶を良くしてくれる原材料の一つとして、オメガ3脂肪酸をきちんと配合しているドッグフードがおすすめです。オメガ3とはDHA・EPA・α-リノレン酸のことで、皮膚の炎症を抑えるためにも効果的な成分とされています。オメガ3脂肪酸は最近注目が集まっている成分でもありますよね。
さらに人と同じでビタミンやミネラル類も皮膚に良い影響を与えるとされています。特に皮膚の成長や皮脂分泌の調整にビタミン類は効果を発揮してくれますよ。

■シーズーの皮膚炎対策になるドッグフードのポイント

  • グレインフリー(穀物不使用)・グルテンフリーである
  • オメガ3脂肪酸を含んでいる
  • ビタミン・ミネラルを含んでいる

シーズーがかかりやすい病気①:角膜炎・結膜炎

角膜炎や結膜炎といった目の病気は、目が大きい犬種が特にかかりやすい病気の一つです。結膜炎や角膜炎にかかってしまうとまぶたが充血して赤くなり、涙や目やにが出やすくなります。シーズーもまた角膜炎・結膜炎にかかりやすいのですが、対策としては抗酸化作用を持つビタミンCやビタミンEが効果的です。
目の炎症もやはりアレルギーが原因で起こることも多いので、無添加のドッグフードをあげるようにしましょう。

■シーズーの角膜炎・結膜炎対策になるドッグフードのポイント

  • ビタミン類を含んでいる
  • 無添加である

ここで一つ気をつけたいのが、皮膚炎や結膜炎・角膜炎はドッグフードで治療ができるわけではない、ということです。もちろん症状への対策にはなりますが、炎症に効果がある原材料を食べているからと言って炎症が治まるわけではありませんし、逆に悪化してしまうことも考えられます。ですので、もしも愛犬の体に何らかの症状が現れた場合は、まずは獣医師に相談するようにして下さいね。
そして皮膚炎や目の病気に頻繁にかかってしまうようであれば、アレルギー検査をしっかりしてあげるようにしましょう。

シーズーを守るために!絶対NGな原材料はコレ!

さて、愛犬の健康のために積極的に摂取をおすすめしたい原材料がある一方で、避けたほうがいい原材料ももちろんあります。
体に悪影響を及ぼしかねない原材料には、以下のようなものが挙げられます。
愛犬が普段食べているドッグフードのパッケージを見て、下記のような表記がないかどうかぜひチェックしてみて下さいね。

  • 〇〇ミールや〇〇エキス・肉類
  • 酸化防止剤
  • 保存料・着色料・

まず〇〇ミールや〇〇エキス、そして肉類に関してです。一見すると普通の原材料が使われていると思いがちですが、実はどんな肉・魚を使用しているのか一切不明な場合がほとんどです。例えばすでに死んでいる動物や瀕死の動物、病気の動物の肉が使用されている可能性もあるのです。また、品質が悪い肉はや魚はどうしても日持ちしませんので、あえて日持ちするようにするために酸化防止剤や保存料と言った添加物が大量に使われている恐れもあります。

質の悪い原材料や添加物は愛犬の体に重大な影響を及ぼす事も考えられますので、このような表記があるドッグフードには注意して下さいね。特に安価なドッグフードによく見られますので、「実は安価なフードをずっとあげているけど、愛犬の体調がいまいちで……」という場合は、ぜひドッグフードの変更を検討してみましょう。

ところで「シーズー専用」って書いてあるドッグフードはどうなの?

シーズーにだけ当てはまることではないのですが、「〇〇専用」など犬種ごとに分けてあるドッグフードがありますよね。専用と書いてあるんだからこれが1番良いに違いないと思ってしまいそうになるんですが、実はこれ大きな間違いなんです!
先程絶対にNGな原材料について解説しましたが、なんとこのNGな原材料が「〇〇専用」ドッグフードには多く含まれることが分かっているんです。
パッケージに専用と書かれたドッグフードは特にたくさんの添加物が使用されていることも多いです。また量産するために安価な肉を使用している場合も多く、その品質も謎に包まれています。
ですので、シーズー専用と書いてあるドッグフードは出来るだけ避けたほうが無難だと言えます。

シーズーのお悩みを解決できる!?ドッグフード5選!

さて、シーズー特有のお悩み対策になる原材料について調べてきましたが、いくつか共通点があることも分かりました。また、上記でおすすめのドッグフードの原材料・条件を説明しましたが、なんとその条件を満たすドッグフードが実際にあるんです!
今回はその条件を満たすドッグフードの中から5つを厳選しましたので、順番に紹介していきたいと思います!

シーズーに特におすすめなドッグフード①:モグワン

モグワンはヒューマングレードで厳選された原材料を使用しています。良質なチキンと生サーモンをたっぷり使っているので高タンパクで、ビタミン類も豊富に含んでいます。グレインフリー(穀物不使用)で添加物も使用されていないため愛犬の体にも安全安心です。

ミネラルやビタミン・アミノ酸を豊富に含んだ海藻が配合されているほか、オメガ3脂肪酸もしっかり配合されているためシーズーに特におすすめ出来ます!

内容量 5.0kg/1袋
通常価格 7,800円(税抜)

\ 1日1000名様限定!初回1袋1980円(税抜)! /
公式サイト

シーズーに特におすすめなドッグフード②:カナガン

カナガンは厳選した動物性タンパクと野菜・ハーブを使用しており、栄養バランスが最適に計算されています。グレインフリー(穀物不使用)でヘルシーでありながらも高タンパク・低炭水化物で愛犬の健康に特に配慮されています。

ミネラルを豊富に含んだ海藻、ビタミンCをたっぷり含んだクランベリーが使用されているので、愛犬に不足しがちな成分もしっかり摂取することができますよ!小型犬が食べやすい小粒タイプのフードなのでシーズーにもオススメです!

内容量 5.0kg/1袋
通常価格 7,800円(税抜)

公式サイト

シーズーに特におすすめなドッグフード③:このこのごはん

このこのごはんは「におい」「涙やけ」「毛並み」のお悩みに焦点をあてたドッグフードです。原材料は全てヒューマングレードで良質な国産のものを使用していますので安心感が段違いですね。動物性タンパク質をたっぷり含みつつも低脂肪ですし、小麦グルテンフリー・人工添加物フリーな点でもポイントが高いです。DHAが豊富なマグロ肉・ビタミン類やミネラルが豊富な鶏のレバーのほか、ささみや鹿肉がバランスよくブレンドされているところも嬉しいですね。消化にも良いため獣医師にもオススメされているフードです!

内容量 5.0kg/1袋
通常価格 7,800円(税抜)

公式サイト

シーズーに特におすすめなドッグフード④:UMAKA

UMAKAは国産の原材料を使用しており、ヒューマングレードを超えた(人でも美味しさを感じることが出来る)ドッグフードです。九州産の華味鳥を100%使用し、高タンパクかつ低脂質となっています。着色料フリー・小麦グルテンフリー・ノンオイルコーティングですのでとにかく愛犬の体に優しいんです。ビタミンとミネラル類のほかビフィズス菌を配合していますので、お腹が弱い愛犬にもおすすめできます。安心安全にとことんこだわったフードですので、国産製品がいい!という方に非常におすすめ出来るドッグフードですよ!

内容量 5.0kg/1袋
通常価格 7,800円(税抜)

公式サイト

シーズーに特におすすめなドッグフード⑤ネルソンズ

ネルソンズはイギリスの高品質なドッグフードで、グレインフリー(穀物不使用)であり遺伝子組み換え食品も使用していません。タンパク源としては品質の良いチキンが原材料の48%も使われており、高タンパクで低脂質と言えます。サーモンオイルや海藻を含んでいるためビタミン・ミネラル類も積極的に摂取することができますよ。さらにグルコサミン・コンドロイチンも配合しており愛犬の骨の健康を維持するのにもおすすめです!

内容量 5.0kg/1袋
通常価格 7,800円(税抜)

公式サイト

愛犬の涙やけや皮膚炎が気になるという方は、まず日頃食べているドッグフードのパッケージを確認するところから始めましょう!愛犬の涙やけや皮膚炎の中には日頃から食事やケアに気をつけていれば防ぐことが出来るものも多々あります。特にどちらもアレルギーが原因となって発症してしまうことがありますので、愛犬にアレルギーがないかどうか注意深く観察することはとても大切です。

また、今現在食べているドッグフードの中にアレルゲンが隠れている可能性も大いにあります。もし気になる症状が出始めたら、愛犬のウンチを確認してみましょう。多くの場合、ウンチの形状やニオイによって愛犬の体に合ったものであるかどうかが分かります。愛犬のウンチの状態がちょっとおかしいかも?と思ったらぜひドッグフードを見直してみて下さいね。
上記5つのドッグフードはシーズーに最適な栄養分・原材料をたっぷり含んだものばかりですので、どれもオススメできますよ!

健康な毎日を過ごすには愛犬のシーズーに最適なドッグフード選びから!

今回はシーズーのお悩みやかかりやすい病気に焦点をあててドッグフードを解説してきましたが、いかがでしたか?
ドッグフード選びは中々難航しがちですが、体に合ったものを選ばないと涙やけや皮膚炎の他にも毛並みが悪いといった問題が出てきたり、嘔吐や下痢など体調面にも様々な影響を及ぼしてしまいますので、慎重に選部ことが大切です。
ですが何より、愛犬に合ったドッグフードと出会ったときに愛犬が美味しそうに食べている姿は本当に嬉しいものです。毎日食べるものですから、愛犬にとって美味しくて健康でいられるドッグフードをぜひ選んであげたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ