評価ランク
100gあたりの価格
 
ライフステージ
 
原産国
   
 
住居環境
モグワン半額キャンペーン実施中!

柴犬に特におすすめな原材料が含まれたドッグフード5選【コスパにも注目!】

柴犬に特におすすめな原材料が含まれたドッグフード5選【コスパにも注目!】

「活発」「賢い」「忠実」といったイメージがある柴犬ですが、いざ家族として迎えた時に「どんなご飯をあげたらいいんだろう?」とドッグフード選びに悩んでしまったことはないでしょうか。 最近はドッグフードの種類もますます増え、犬種に合ったドッグフード選びに迷う飼い主が増えているようです。そこで今回は、柴犬の体にあったドッグフードをコスパにも注目しつつ調べてみました!

森くん

その中でも特に柴犬におすすめできるドッグフードをいくつかピックアップしてご紹介していくよ。

柴犬の体に合うのってどんなドッグフード?

柴犬 せっかく新しいドッグフードを購入したのに「愛犬に食べさせようとしたら食いつきが悪くて全く食べない…」なんてことありますよね。 それはもしかしたら柴犬には向いていないドッグフードを無理に与えてしまっているのかもしれません。実は柴犬は皮膚が弱く、皮膚炎や食物アレルギーにかかりやすいと言われています。 また、これまでは好んで食べていた食べ物でも突然アレルギーを発症してしまうケースもあります。ですので、愛犬の体調を常に気にしながら栄養管理をしてあげることが大切になってきます。 まず、柴犬用のドッグフードを選ぶ時はパッケージに「総合栄養食」と記載があるものを選ぶようにしましょう。「総合栄養食」はその名前の通り、そのドッグフードと水分のみでも健康に過ごせるように栄養バランスが計算されたフードとなっています。 元気な柴犬 また、柴犬は運動量が多い犬種のため主原料が肉や魚などの高タンパク質なフードの方が向いています。さらに皮膚炎やアレルギー対策としては無添加のドッグフードや必須脂肪酸が配合されたものを選ぶことが大切です。 そして、病気や体調によって食いつきが悪くなってしまう場合はドッグフードをすぐに変えてしまうのではなく、いつも食べているものにウェットフードなどを混ぜて食べやすくすると良いかもしれません。 もちろん年齢に合ったドッグフードを選ぶことも重要ですので、「パピー(子犬)用」「成犬用」「シニア用(◯才以上)」などパッケージに記載してある年齢も必ず確認するようにしましょう。 年齢に応じて必要な栄養素やカロリーが変わってきますので、「大きくなったけどまだ前の餌が余っているし…」と年齢に合わないフードは与えないように要注意です。 そして今まで与えていたドッグフードから新しいドッグフードに切り替える時はすぐに新しいものだけを与えるのではなく、これまで食べていたフードに新しいフードを少しずつ混ぜてあげて、段々と味と成分に体を慣らしていってあげましょう。急にフードを切り替えてしまったら下痢をしてしまったり驚いて全く食べないなんてこともありますので、徐々に新しいフードへと切り替えていくことがポイントです。

柴犬のドッグフード選びはこの原材料をチェック!

柴犬は体調や環境の変化が皮膚に出やすいといった特徴もありますから、ドッグフードを新しくお試しする時は含まれる原材料を細かくチェックしてあげることが大切です。もちろんアレルギーを持っている柴犬の場合は、フードの中にアレルゲンが含まれていないかしっかり目を光らせて確認しましょう。

森くん

じゃあ、柴犬に合ったドッグフードを選ぶときのポイントがいくつかありますので分かりやすく簡単に説明していくよ!

グレインフリーのドッグフードを選ぶべし!

グレインフリーのドッグフードを選ぶべし! グレインフリーフードとは、穀物類を全く使用していないフードのことを指します。小麦やとうもろこし・大豆などの穀物はアレルギーの原因になることがあるため、最近はグレインフリーのドッグフードが増えているんです! また、そもそも犬は穀類を消化するのが苦手だとも言われていますので、濃く縫いを多く含むフードを食べ続けていると下痢をしやすくなってしまいます。

森くん

柴犬用のドッグフードを選ぶ時はアレルゲンを含まないグレインフリーと記載してあるフードを選ぶようにしよう!

高タンパク質&低脂質なドッグフードを選ぶべし!

高タンパク質&低脂質なドッグフードを選ぶべし! 柴犬は特に運動量が多い犬種です。激しい運動量にも耐えられる筋肉が必要となりますので、筋肉の質を保つためにも高タンパクなドッグフードがおすすめです。柴犬特有のふさふさした毛量を維持する目的としてもタンパク質は不足しないようにしたいですね。 しかし高タンパクと謳っているドッグフードの中には「〇〇ミール」「〇〇エキス」など原材料があやふやな表記になっているドッグフードも非常に多いです。このようなドッグフードは品質が悪化していたり、脂質が多くさらに酸化していたりすることもあります。 脂質は摂りすぎると肥満に繋がったり予期せぬアレルギーの引き金となる恐れもありますので与えすぎには注意が必要です。

森くん

アレルギーを防ぐためにも人が摂取しても問題ないような「ヒューマングレード」の良質な原料を使用しているフードを選びたいね。

オメガ3脂肪酸を含んだドッグフードを選ぶべし!

オメガ3脂肪酸を含んだドッグフードを選ぶべし! 「オメガ3脂肪酸」は最近注目されている成分で、アレルギーの改善や健康的な皮膚を維持するのに効果があると言われています。このオメガ3脂肪酸は魚肉や魚から抽出されたオイルなどに含まれている割合が多いです。DHAやEPA、α-リノレン酸などもオメガ3脂肪酸の一種です。

森くん

だから、オメガ3脂肪酸は摂りすぎると過剰症状を起こしてしまう場合があるから、適正な量をバランスよく配合したドッグフードを選ぶことが大切なんだよ!

高品質で安全なものが良いけど正直コスパも気になる!

ここまで柴犬におすすめなドッグフード選びのポイントについて説明してきましたが、やはりどうしても気になってしまうこととしてコスパ問題があると思います。 愛犬が長年食べるものだからこそ「出来るだけ品質も良くてコスパもいいものってないの?」と思ってしまいますよね。愛犬の健康もしっかり考えつつお得なドッグフードがあれば正直とてもありがたいです! それでは、そんな夢のようなドッグフードは存在するのか!?徹底調査した結果を以下にご報告したいと思います!

コスパも要チェック!柴犬におすすめのドッグフード5選!

柴犬におすすめな原材料としては「グレインフリー」「高タンパク、低脂肪」「ヒューマングレード」「オメガ3脂肪酸を含む」といった項目が挙げられます。今回はこれら項目のうちいずれか、もしくは複数を含んだドッグフードを100gあたりの価格を算出しながら紹介していきます!

おすすめドッグフードその①:モグワン

原材料は「ヒューマングレード」で厳選したものを使用しており、動物性タンパク質が原料の50%以上を占めるなど「高タンパク」なところも評価が高いです。動物性タンパク質の内容は良質なチキンと生サーモンですし、それに加えて海藻も使用しているため「オメガ3脂肪酸」もしっかり含まれています。 もちろん「グレインフリー」で着色料や香料も不使用ですからアレルギー対策として購入している方もいるようです。愛犬の健康だけでなく食いつきへのこだわりも持ったドッグフードなため、柴犬にも胸を張っておすすめできます。

内容量 1.8kg/1袋
通常価格 3,960円
コスパ 220円/100g

★コスパは少しお高めのように感じますが、公式サイトでは初回限定割引&定期購入割引がありますのでお得に購入できますよ!

\ 1日1000名様限定!初回1袋1980円(税抜)! /
公式サイト

おすすめドッグフードその②:カナガン

「グレインフリー」にこだわり原材料も厳選した「ヒューマングレード」のものを使用しています。新鮮なチキンを贅沢に使用しているため「高タンパク」で、さらに「オメガ3脂肪酸」が豊富に含まれたサーモンオイルが含まれているところも高ポイントです。ミネラルを豊富に含み栄養価も高い海藻も配合されており、健康維持に一役かってくれます。 栄養バランスにこだわりがあり計算され尽くしているのでヘルシーなのに栄養価は高いドックフードとなっています。 多くの獣医師からも推奨されいることからも、安全・安心さは折り紙付きです。

内容量 2.0kg/1袋
通常価格 3,960円
コスパ 198円/100g

公式サイト

★高品質なのに100g200円を切るのはかなりお得!公式サイトの定期コース利用でさらにお得に購入できます!

おすすめドッグフードその③:ネルソンズ

イギリスのブリーダによって開発された「グレインフリー」の高品質なドッグフードです。また、人工の添加物や着色料・保存料・香料は一切使われておらず、安全性にも配慮されています。良質なチキンが48%含まれるなど「高タンパク」で、さらに低炭水化物なので愛犬の健康維持もしっかりサポートしてくれます。 「オメガ3脂肪酸」を多く含むサーモンオイルを配合しているので皮膚や毛並みの調子を整えてくれる働きも。 さらにオリゴ糖やグルコサミン・コンドロイチンといった成分も含まれており、活動的な柴犬にもピッタリなフードだと言えます。

内容量 5.0kg/1袋
通常価格 7,800円
コスパ 156円/100g

公式サイト

★この品質で100g156円はコスパ最強レベルです!定期コースを利用して購入するとさらにお得になります!

おすすめドッグフードその④:いぬはぐ

いぬはぐは特にお腹が弱い柴犬にお勧めしたいドッグフードです。乳酸菌とオリゴ糖がバランスよく配合されていて腸内環境を整えてくれます。原材料にはもちろん「ヒューマングレード」の食材のみを使用し、人工保存料・着色料・風味料などの添加物は一切使われていないため品質は高いです。「オメガ3脂肪酸」の一種であるDHAやEPAはもちろんのこと、グルコサミン&コンドロイチンも含まれているので活発的な柴犬の健康もサポートしてくれます。少量の穀物が含まれているためグレインフリーではありませんが、小麦不使用のグルテンフリーとなっています。

内容量 1.5kg/1袋
通常価格 6,980円
コスパ 465円/100g

公式サイト

★他のフードと比較してもコスパは高いのですが、なんと公式サイトの定期コース利用で初回980円、2回目以降は4,980円で購入できます!

おすすめドッグフードその⑤:アランズ ナチュラル

原材料が驚きの10種類ほどしかなく、100%無添加素材にこだわっているのでアレルギー対策をしっかりしたい柴犬に特におすすめのドッグフードです。牛肉や豚肉、小麦・大豆・とうもろこしといったアレルギーを起こしやすい材料は一切使用されていません。 高品質なラム肉がなんと55%も含まれているので「高タンパク」「低脂肪」でヘルシーなフードとなっています。「オメガ3脂肪酸」が含まれた亜麻仁油が配合されているので健康的な皮膚を維持するサポートをしてくれます。

内容量 2.0kg/1袋
通常価格 3,960円
コスパ 198円/100g

公式サイト

★コスパはカナガンと同じでかなりお得になっています!こちらも公式サイトの定期コース利用を利用すればよりお得に購入できますよ! ヒューマングレードの原材料が使用されており、さらにグレインフリー、高タンパク・低脂肪、オメガ3脂肪酸を豊富に含んでいるとなると間違いなく高品質なドッグフードだと言えます。 そして高品質なドッグフードほど価格が高くなり「コストパフォーマンスが悪くなるのでは…」と思われがちですが、上記のように特に高品質なおすすめのドッグフードでも1食あたりで計算すれば200円前後のものが多いことが分かります。(1食で食べる量を100gとした場合) 上記の中で特にコスパに優れているのはネルソンズ、そしてコスパが高いのはいぬはぐという結果になりましたが、どちらもそれぞれ特性がありますので愛犬の柴犬に合ったフードを是非探してみましょう。

柴犬に合うドッグフードをお得に、でもしっかり選ぼう!

犬種に合ったドッグフードを選ぶ重要性について調べてきましたがいかがでしたか? 柴犬は特にアレルギーや皮膚炎などの病気に気をつけたい犬種になりますので、他の犬種よりもより毎回のご飯に気を使って上げる必要があります。柴犬が健康に過ごすための成分が入っていなかったり品質の悪いドッグフードをあげ続けてはどんどんその寿命を縮めてしまう結果になります。 また、コスパが安価なドッグフードの中には劣悪なものがあることも多いので、コスパだけでなく成分に目を向けてドッグフードを選ぶことが大切です。 ぜひ愛犬の柴犬にピッタリなドッグフードを見つけて健康な毎日を過ごして下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ