評価ランク
100gあたりの価格
 
ライフステージ
 
原産国
   
 
住居環境

犬にパイナップルを与える時の注意点と期待できる効果とは?

犬にパイナップルを与える時の注意点と期待できる効果とは?

フルーツポンチやケーキなど様々なデザートや料理に甘さや食感のアクセントとして入れられるパイナップルは、愛犬たちが食べても大丈夫なのでしょうか?

結論から言えば、犬がパイナップルを食べても大丈夫です!

今回は、何故パイナップルを食べても大丈夫なのか?そして、与える時の注意点やパイナップルから期待できる効果を紹介していきます!

森くん

パイナップルについて一緒に見ていこう!

犬はパイナップルを食べても大丈夫!

犬はパイナップルを食べても大丈夫!

最初に言った通り、犬がパイナップルを食べても大丈夫です。

犬たちの健康維持を妨げる成分は無く、むしろ健康維持をサポートするための成分が豊富で、ちょっとでも与えるのがいいぐらいです!

ただ、私たちと同様にパイナップルを与えてしまうと、食物繊維や糖質の影響で下痢や肥満の原因になりやすいので、与えすぎないように量の調節が必要です。

↓あわせて読みたい↓

犬が食べてはいけない危険な果物と野菜はこれだ!食べていいものと食べてはいけないもの33選 犬が食べてはいけない危険な果物と野菜はこれだ!食べていいものと食べてはいけないもの33選

森くん

他の果物や野菜もチェックしておこうね!

パイナップルを食べた犬に期待できる効果

パイナップルを食べた犬に期待できる効果

パイナップルを与えたらどんな期待できる効果があるのか気になりますよね?

ただ、味や食感などを味合わせてあげたいだけなら、他の栄養ある果物でも充分に代用できてしまいますからね。

なので、パイナップルから期待できる効果を紹介していきます!

森くん

どんな効果があるんだろうね?気になるね!

お通じが良くなる!

うまくうんちが出せないことが、愛犬たちもたまにありますよね?パイナップルには、うんちを出せなくて困っている子を助ける成分の食物繊維がたくさん入っています。

食物繊維が多いと、腸内に刺激が与えやすくうんちの通りを良くしやすくしてくれます!

森くん

うんちがするっとでるようになると嬉しいよね!

たんぱく質の消化を補助してくれる!

パイナップルに含まれている成分のプロメリンには、愛犬たちの健康に不可欠な栄養であるたんぱく質を分解する働きがあります。

必要な栄養であるたんぱく質をとっていてもうまく消化できなければ意味がありませんよね?そんな時にたんぱく質を分解することで、ちゃんとたんぱく質を吸収しやすい形にしてくれたり、消化不良にならずに済みます!

森くん

消化不良が起こして体調を崩したくはないね

皮膚や骨の補強に!

愛犬たちの皮膚や骨などの形成するのにビタミンCは欠かせません。

基本的にビタミンCは、犬たちの体内で作られていますが運動やストレスなど様々な負荷がかかってしまうとビタミンが作れずに不足してしまいます。

そんな時に、ビタミンCの補給としてパイナップルを与えることで、不足にならないようにできます!

森くん

たんぱく質も大切だけど、ビタミンCもかなり大事だよ!

愛犬にパイナップルを与える時の注意点

愛犬にパイナップルを与える時の注意点

パイナップルを愛犬に与える時、注意すべきことは3つありますので紹介していきます!

森くん

体に負担の無いように食べられるのかな?

与えすぎに注意!

栄養豊富なパイナップルを食べさせたいと思って、ご飯やおやつなど事あるごとに与えてしまうと、かえって体調を崩す要因となってしまいますので、注意してくださいね。

食べやすいサイズにカットしておく

パイナップルを食べやすいサイズにカットしてあげることで、量の調節や消化のしやすさなどに効果があり、愛犬たちも美味しくパイナップルを食べることができます!

また、ちょっと大きいサイズで与えてしまうと、喉に詰まらせてしまうかもしれませんので、できるだけ食感が残る大きさでカットして与えましょう。

アレルギーに要注意!

パイナップルを初めて与える子に対して、特に注意しないといけないのがアレルギーになります。

実際に与えないと愛犬の体にアレルギーがあるのか無いのかの判断がつけれません。

ですので、初めてパイナップルを与える時は、必ず与える量を少量にしてあげて様子を見てあげてください。

体調がおかしい場合は、すぐに動物病院に連れていき症状を見てもらいましょうね。

まとめ

与えすぎやサイズ、アレルギーなど様々な注意点がありますが、しっかりと注意点を意識して与えるようにすることで、パイナップルを安心して与えれます。

また、愛犬たちも安心して食べれるので必ず注意点を確認して与えてくださいね!