評価ランク
100gあたりの価格
 
ライフステージ
 
原産国
   
 
住居環境
モグワン半額キャンペーン実施中!

犬がレモンを与えてもいい?期待できる効果と注意点について

犬がレモンを与えてもいい?期待できる効果と注意点について

レモンはビタミンCが豊富であることは有名ですよね。ビタミンCは美容・免疫力などに良いとされているわけですが、愛犬たちにも同様の効果があるといいですよね。 ただ、愛犬にレモンを与えてもいいのかわからずに与えるのってちょっと不安になりますよね? 安心してください。愛犬にレモンを与えてもいいんです! では、「何故与えられるのか?」「どんな効果が期待できるのか」「注意すべきことは?」などの、レモンを愛犬に与える際の気になる部分を紹介していきます!

森くん

レモンについて一緒に見ていこう!

犬にレモンを与えても大丈夫な理由

犬にレモンを与えても大丈夫な理由 犬は体内でビタミンCを生成できるので、飼い主さんが普段から栄養バランスを考えてご飯を与えているのであれば、外部から摂り入れなくてもいい成分なのです。 ただ、年齢を重ねていくことでビタミンCの生成する量が減っていきます。その時、外部から摂り入れることでビタミンCが不足しないようにしなければなりません。 そこで、ビタミンCが豊富なレモンをご飯やおやつとして与えるのがいいですね。 ビタミンCには、抗ストレス効果免疫力向上など様々な作用が人だけでなく、犬たちにも同様に働きかけてくれます。 ですので、不足してしまうと愛犬の体調を崩す要因になってしまうことがありますのでとても重要な成分ですから、レモンでビタミンCを補給させるのがいいですね。 ちなみに、ビタミンCは水溶性ですので、余分に摂取してしまった分は尿ともに体外に排出されます。なので、ビタミンCを過剰摂取してしまう心配はありません。

↓あわせて読みたい↓

犬が食べてはいけない危険な果物と野菜はこれだ!食べていいものと食べてはいけないもの33選 犬が食べてはいけない危険な果物と野菜はこれだ!食べていいものと食べてはいけないもの33選

森くん

他の果物や野菜もチェックしておこうね!

レモンを食べた犬に期待できる効果

レモンを食べた犬に期待できる効果 レモンの成分の大半がビタミンCですが、これによって愛犬の体にどのような効果を期待できるのか知らない方がいることでしょう。 そこで、レモンを食べた時に期待できる効果を紹介していきます!

森くん

レモンを食べたらどのように健康に良いのかな?

関節の病気予防

ビタミンCは骨に必要なコラーゲンを作り出すのに必要な成分になります。ビタミンCを摂取することで、骨を丈夫にすることができるのです。 逆にビタミンCが不足することで、コラーゲンが作り出せないので骨が脆くなりやすいです。

森くん

カルシウムだけでなく、ビタミンCも必要なんだね!

皮膚・筋肉の状態維持で老化防止に!

骨だけでなく、ビタミンCから生成されるコラーゲンによって、肉体が衰えにくい体作りをサポートしてくれて老化防止に役に立ってくれます!

森くん

いつまでも元気でいるために、必要なんだね!

ホルモン分泌に必要

愛犬も生活していく中でストレスを感じることがあるでしょう。ストレスを感じると体内ではビタミンCを使ってストレスから身を守るホルモンを分泌します。 なので、ストレスを抱えたとしてもある程度あれば、体調には影響なく生活していくことが可能なのです。 ただ、犬の体内で生成されるビタミンCだけでは、不足する場合がありますのでレモンを活用して、愛犬にビタミンCの補給が必要なのです。

疲労回復にも!

ビタミンCだけがレモンの成分でありません!疲れを取れやすくするクエン酸もレモンに含まれています! クエン酸により、動き回ったりはしゃいだりした後、「ハァ…ハァ…」と疲れている時に与えて疲労回復を早めてくれる効果があります。

森くん

次の日もいっぱい動き回るために、補給させてあげてね!

愛犬にレモンを与える時の注意点

愛犬にレモンを与える時の注意点 犬にも健康面の効果が期待できるものの、レモンを実際に与える時に注意すべき要点が3つありますので、紹介していきます!

森くん

安全に食べれるように見ておこうね!

レモンの皮は与えない!

レモンの黄色い皮と白い皮がありますよね?この両方の皮には、食物繊維がたくさん入っているのでレモンを皮つきで与えてしまうと、腸内環境を悪くしまって下痢や消化不良を起こしてしまうことがあります。 ですので、レモンの皮を与えてないように注意してくださいね。

森くん

実だけを食べるようにしないといけないんだね!

レモンの絞りに注意!

果肉を食べさせるよりもレモンの成分を取り入れやすいと思って、レモン汁を絞る方がいるかもしれませんが、しぼり汁だからといって絞った状態であげないようにしてください。 しぼり汁にも食物繊維が多く含まれていますから、こちらも腸内環境をかえって悪くしてしまう可能性があります。また、刺激が強い汁なのでお腹が痛くなってしまう場合もあります。 ですので、与える際は水で薄めたり、与える量を少なくして腸内環境に負担の無い与え方をするように心がけてくださいね。

森くん

レモン食べた後、たまにお腹痛いなって思ってたけどこれのせいだったのかな…

甘味をつけるためのハチミツレモン

一見、レモンをハチミツと合わせることで、愛犬の体に負担のかかりにくい与え方に思えるでしょう。ですが、これは肥満の元になりやすいです。 理由としてはハチミツの糖分により、1日に必要な糖分の量を通り越して、余分に取り過ぎてしまうからです。 ですが、食べやすさはピカイチなわけなので、与える量を考えてあげれば問題ないなく食べることができます。 なので、ハチミツレモンは時々変わり種のおやつとして与えるのが良いですね。

森くん

甘くてちょっと酸味がある感じが好きだけど、太りたくないから食べるのはほどほどにしようかな

まとめ

基本的に愛犬たちには、まったく問題なく与えることができる果実のレモンなのですが、一部の子はレモンの酸味がダメで食べられなかったりします。 そういう時は無理与えることはせず、自ら欲しいとアピールするまでは与えないでおきましょう。 また、レモンは毎日ご飯として与えているドッグフードと違って、必ず与えておかなければいけない食べ物ではありません。ですから毎日与える必要性は全くありません。 レモンを与えるなら、おやつや栄養補給の一つとして与えていくといいでしょう。 他にも、愛犬に与えるならこれって!という与え方がございましたら、ツイッターで教えてもらい情報共有をしたいと考えてますので、フォローよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ