評価ランク
100gあたりの価格
 
ライフステージ
 
原産国
   
 
住居環境
モグワン半額キャンペーン実施中!

アレルギー対策したいフレンチブルドックにおすすめのドッグフード5選

アレルギー対策したいフレンチブルドックにおすすめのドッグフード5選

穏やかで賢く甘えん坊なフレンチブルドッグ。人懐っこくて愛嬌があるため人気の犬種ですが、実は他の犬種よりもドッグフード選びが難しくなりがちなことをご存知でしょうか?
フレンチブルドッグは特に食物アレルギーや消化不良を起こしやすいので、口に入る食べ物には自然と敏感になってしまう飼い主さんも多いです。

「色々なドッグフードを試してみたものの、結局どんなドッグフードが良いのか分からなかった…」と頭を抱えてあれこれ試行錯誤している方もいるかと思います。

そこで今回は、アレルギー対策をしっかりしたいフレンチブルドッグに特におすすめのドッグフードについて調査していきたいと思います!

フレンチブルドッグはアレルギーや皮膚炎になりやすい犬種

フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグは皮膚や胃腸が弱い子が比較的多く、アレルギーや皮膚炎になりがちです。皮膚がとてもデリケートですし抜け毛も多い犬種なので、皮膚のケアをしっかり行っていないと予期せずして皮膚炎になってしまうことがあるのです。皮膚炎になってしまうと発疹やかゆみ、抜け毛といった症状が出る場合が多く、特にかゆみに苦しんでいる姿には胸が痛みます。またアレルギー症状としては、元から胃腸が弱いこともあってすぐに下痢をしてしまったり、鼻や目・耳に炎症が見られることもあります。

何らかのアレルギーを発症してしまった愛犬の辛そうな姿を見るのは、飼い主さん自身もとても辛いですよね。加えてアレルギーを発症してしまった場合の対策もなかなか一筋縄ではいかないところがあるので、出来ればアレルギーは避けたいと誰しもが思うのではないでしょうか。また、現状でアレルギーを発症してしまっている愛犬に対しても少しでも症状が改善されてほしいと願わずにはいられませんよね。

愛犬のアレルギーの発症もしくは悪化を防ぐためにも、まずはアレルギーの原因となるものについて知っておく必要があります。アレルギー体質の子が多いフレンチブルドッグですが、一体何が原因でアレルギーを引き起こしてしまうことが多いのでしょうか?

アレルギーの原因

アレルギーの原因

犬のアレルギーの原因(アレルゲン)は様々ですが、多くの場合は食べ物やノミ、ほこりが要因となっています。その他ストレスや環境敵・遺伝的な要因からアレルギーを発症してしまう場合もあるなど原因は様々です。アレルギーの症状についても多岐にわたるのですが、アレルゲンによって多少は症状の傾向が分かれるので代表的なアレルギーについて簡単に説明したいと思います。

食物アレルギー

食べ物

特に穀物やタンパク質、炭水化物が要因となって発症することが多いと言われています。具体的には小麦・大豆・とうもろこし・鶏肉・豚肉・卵・乳製品などがアレルギー反応を出しやすくなっています。ですが、食物アレルギーはどんな食べ物に対しても起こす可能性がありますし、これまでは大丈夫だった食べ物についてもある日突然アレルギーになってしまうこともありますので食後の観察が非常に重要になってきます。また、同じ食べ物ばかりを与え続けているとアレルギーの要因になってしまうといったこともありますので、食いつきが良いからと言って1つの食べ物を与えすぎないように注意しましょう。

ノミアレルギー

ノミ取りブラシのイラスト

ノミ(特にノミの唾液成分)に過敏に反応してしまうことによって発症するアレルギーです。たとえ1匹だとしてもノミに刺されると強烈なかゆみが引き起こされるのが特徴になります。誤解されがちなのですが、ノミの場合は単に刺された場所だけが痒くなるのではなく、唾液に反応して全身が痒くなるケースが多いです。

アトピー性皮膚炎

ハウスダストやホコリ・花粉などに過敏に反応してしまうことによって発症する皮膚炎の一種です。フレンチブルドッグは室内犬のため室外犬よりもハウスダストやホコリの影響を受けやすいとされています。さらに抜け毛が多い犬種なので日頃からブラッシングや皮膚ケアをきちんとしてあげないと皮膚のトラブルに見舞われやすくなります。また、アトピー性皮膚炎がある愛犬は同時に食物アレルギーやノミアレルギーを併発してしまう場合が多いので、愛犬の体調管理には目を光らせるようにしたいですね。発疹や赤みが見られないのに体をかきむしる様子があれば皮膚炎の前兆の恐れがありますので要注意です。

この上記3つのアレルギーの中で、フレンチブルドッグが最もかかりやすいアレルギーは「食物アレルギー」だと言われています。ですので、愛犬が毎日食べる食事には慎重にならざるを得ないんですね。もしアレルギーの兆候が見られた場合は、愛犬の命にかかわることもありますので早急に獣医の診察・診断を受けるようにしましょう。

さて、アレルギー対策として1番いい方法はアレルギーの原因となりやすい食材を一切使っていない食事を毎回手作りして与えることですが、毎日毎回手作りの食事を作ることが出来る人は稀だろうと思います。となると、アレルギー対策となるドッグフードを選んであげるのが最も最善の策となってきます。最近はアレルギー対策を謳ったドッグフードがたくさん出てきているので愛犬にあったドッグフードを選ぶことが1番良いのですが、いかんせんドッグフードの種類が多すぎてどれが愛犬にあったフードなのか分かりにくいのが現状ですよね。

また、今現在アレルギーを発症している愛犬には特に配慮されたドッグフードを選びたいところです。

そこで次はフレンチブルドッグが食べるドッグフードの中でチェックが必要な原材料についてお伝えしていきますよ!

フレンチブルドッグ「専用」はNG!ドッグフード選びではこの原材料をチェック!

まず、フレンチブルドッグ専用のドッグフードについてですが、あまり〇〇専用と区別されたドッグフードは選ばないほうが無難です。「専用」と言われるとフレンチブルドッグの体に特別いいのかな?とついつい思ってしまいますが、〇〇専用と名のついたドッグフードは実際は品質が悪く添加物がたっぷり使われているものも多いんです。ですのでフレンチブルドッグのドッグフードを選ぶ時は、まず原材料と品質をしっかりと確認することが大切です。

特にフレンチブルドッグは皮膚と消化器官に優しいドッグフードを選ぶ必要がありますので、そのポイントを簡単に説明していきたいと思います!

肉の原材料が多いドッグフードを選ぼう!

フレンチブルドッグに多く見られる皮膚トラブルの対策のためにも、動物性タンパク質である肉が原料として使われているフードがおすすめです。肉はアミノ酸を多く含んでいるため、皮膚のバリア機能をより高めてくれるんです。ですから、フレンチブルドッグのフードは魚や肉などの量が原材料の50%以上を占めるドッグフードが理想的と言えます。仮に50%未満しか動物性タンパク質が使用されていないフードでも、それらが原材料名の1番最初に記載されているものを選ぶようにしましょう。

高タンパクなドッグフードを選ぼう!

フレンチブルドッグは筋肉質な体格をしておりく脂肪が蓄積されやすい犬種なので、炭水化物ばかりを毎日食べているとすぐに肥満になってしまいます。また、動物性タンパク質の摂取が不十分な場合、筋肉量が落ちて基礎代謝も悪くなってしまうのです。ですので筋肉量を維持し、さらに基礎代謝を促すためにも良質なタンパク質が原材料の中で28%以上含んでいるフードが望ましいとされています。

グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードを選ぼう!

お腹が弱い子が多いフレンチブルドッグは食べ物が合わないとすぐに消化不良を起こして下痢や嘔吐をしてしまいがちです。特に穀物類は消化しづらい食材なので、出来るだけそれらを使用していないグレインフリーを謳ったドッグフードがおすすめです。

「オメガ3脂肪酸」を含むドッグフードを選ぼう!

「オメガ3脂肪酸」はエイコサペンタエン酸(EPA)・ドコサヘキサエン酸(DHA)・α-リノレン酸のことを指します。

この「オメガ3脂肪酸」はアレルギーの改善や健康的な皮膚を保つ効果があるとされ、近年注目されています。これらの成分は犬の体内で生成することはできないため食べ物から補う必要があり、多くは魚肉や魚から抽出されたオイルなどに含まれています。

しかしここで気をつけたいのが摂取量です。

オメガ3脂肪酸は非常に体に良い成分ではありますが、摂取し過ぎると過剰症状を起こしてしまう場合があるのです。ですので適切な量がバランスよく配合されたドッグフードを選ぶことが大切です。

アレルゲンになりがちな原材料を含まないドッグフードを選ぼう!

食物アレルギー対策はフレンチブルドッグには欠かせません。皮膚炎やアレルギーを防ぐ、もしくは悪化させないためにもアレルゲンになりがちな以下の原材料を出来るだけ含んでいないドッグフードを選ぶようにしましょう。

アレルゲンになりやすい原材料

  • 穀物(とうもろこし、小麦など)
  • 肉類(牛肉、豚肉など)
  • 乳製品・鶏卵
  • 添加物
  • 〇〇ミール、〇〇エキスといった品質の悪い肉類

また、たとえ品質が良いものでも同じ食材ばかりをずっと与えてしまうとアレルギーの元になってしまいますので要注意です。どんな食べ物でもバランスよく一定の量を与えることが大切ですよ。

アレルギー対策したいフレンチブルドッグにおすすめのドッグフード5選!

以上より、フレンチブルドッグにおすすめしたいドッグフードの特徴として「原材料に肉を使用していること」「高タンパク質な原材料を含んでいること」「グレインフリー(穀物不使用)であること」「オメガ3脂肪酸が含まれていること」などが挙げられます。

そこで今度はこれらの項目のうちの全て、または複数を満たすドッグフードを厳選してご紹介していきたいと思います!

フレンチブルドッグにおすすめのドッグフードその①:モグワン

おすすめなドッグフード①:モグワン

質の良いチキンの生肉と生サーモンがたっぷりブレンドされた高タンパクなドッグフードです。動物性タンパク質が原材料の50%以上となっています。安心安全なグレインフリーのレシピを採用しており、消化に優しい点も評価が高いです。サーモンにはDHA・EPAが含まれている他、ミネルやビタミン・アミノ酸を多く含んだ海藻も原材料として使用されているためオメガ3脂肪酸もきっちり配合されています。着色料・香料などの添加物は使用しておらず、自然に近い食材が厳選して使用されています。

内容量 1.8kg/1袋
通常価格 3,960円

\ 1日1000名様限定!初回1袋1980円(税抜)! /
公式サイト

おすすめドッグフードその②:カナガン

おすすめなドッグフード②:カナガン

獣医師の80%以上が推奨しているグレインフリーのドッグフードです。チキンの生肉がたっぷりと使用されているため高タンパク&低炭水化物となっています。オメガ3脂肪酸が原材料の0.90%、またオメガ3脂肪酸とバランスよく摂取することが勧められているオメガ6脂肪酸も2.80%含まれています。
原材料は栄養バランスを考えた上で理想的な配合にされており消化もしやすいので、胃腸が弱いフレンチブルドッグにもおすすめできます。

内容量 2.0kg/1袋
通常価格 3,960円

公式サイト

おすすめドッグフードその③:アランズナチュラル

おすすめドッグフードその③:アランズナチュラル

 

人工添加物や着色料・保存料・香料などが一切不使用の100%無添加のドッグフードです。小麦・大豆・とうもろこし・乳製品・牛肉・豚肉といったアレルゲンになりやすい食材は一切使用していないのでアレルギー対策におすすめです。
生のラム肉を原材料の55%使用しているため高タンパクで、オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸がバランスよく配合された「亜麻仁油」が使用されています。栄養の消化吸収に優れた、胃腸にも優しいフードになています。

内容量 1.5kg/1袋
通常価格 6,980円

公式サイト

おすすめドッグフードその④:いぬはぐ

おすすめドッグフードその④:いぬはぐ

 

胃腸が弱いフレンチブルドッグに特におすすめの腸内環境を整えてくれるドッグフードです。アミノ酸や「オメガ3脂肪酸」のDHAやEPAを含んでいるため体に優しく、さらにグルコサミン&コンドロイチンが活発的なフレンチブルドッグの健康もサポートしてくれます。また、人工保存料・着色料・風味料などの添加物は一切使われていない点もおすすめできます。穀物が少量含まれているためグレインフリーではありませんが、アレルゲンになりやすい小麦グルテンは含まれていませんので安心です。

内容量 1.5kg/1袋
通常価格 6,980円

公式サイト

おすすめドッグフードその⑤:犬心シリーズ

おすすめドッグフードその⑤:犬心シリーズ

 

「犬心 消化器ケア」は愛犬の消化器トラブルに焦点をあてたナチュラル療法食です。犬に合った食物繊維が最適に配合されており、新鮮な生肉と生魚を厳選しているので高タンパクとなっています。善玉菌・乳酸菌を高配合している他、善玉菌アップ成分も加えられているため普通のドッグフードよりもさらに腸内環境を整えてくれます。

内容量 1.25kg/1袋
通常価格 3,600円(税抜)

「犬心 皮膚サポート+」は愛犬の皮膚トラブルに焦点をあてたナチュラル療法食です。皮膚トラブルの原因になりやすい4大アレルゲンの鶏肉・牛肉・小麦・鶏卵は使用されていません。添加物や保存料も使われておらず、アレルギーを発症しにくいような作り方でフードが製造されています。オメガ3脂肪酸や亜鉛&アミノ酸のバランスに考慮されているので、すでに皮膚トラブルがあるフレンチブルドッグの皮膚ケアに最適です。

内容量 1.3kg/1袋
通常価格 3,500円

公式サイト

今回、上記で紹介したドッグフードはどれも皮膚トラブルやアレルギーが心配なフレンチブルドッグにオススメできるフードです。もし現在、愛犬がなんらかのトラブルを抱えていて改善が見られない場合は、ぜひ試してみて見て下さいね。ドッグフードを切り替える場合は、急に切り替えてしまうと体がビックリして下痢や嘔吐といった消化器症状が出やすくなってしまいますので、時間をかけてゆっくりと切り替えていくようにしましょう。

最初のうちは新しいドッグフードを少量ずつ今まで食べていたドッグフードに混ぜて、徐々にその量を増やしていくやり方がおすすめです。

また、ドッグフードを変えてすぐに「特に効果がないから」とまた新しいフードに変えるのではなく、2ヶ月間ほどは試してみるようにましょう。ドッグフードの効果はすぐ出るものではないので、可能であれば数ヶ月間は様子を見てあげて下さい。もちろん、新しいドッグフードに変えた直後に激しい下痢が続いたり食事のたびに嘔吐するなどの消化器症状や、皮膚に発疹・発赤が見られた場合は至急食べさせるのを中止して獣医師に相談するようにしましょう。

フレンチブルドッグの食べ物はアレルギー対策をしっかりと!

今現在アレルギーや皮膚トラブルがない愛犬はこの先もできる限りトラブルが起きないように原材料や成分にしっかりと目を配ってドッグフードを選ぶことが重要です。

また、何らかの不調がある愛犬はその症状を長引かせるとストレスとなりますます体調を崩してしまいますので、症状に合わせたドッグフードを吟味して選んであげましょう。

ドッグフードは薬ではないのでドッグフードを変えたら症状が劇的に改善する!というわけではありませんが、毎日口に入れる食べ物が不調の要因になっていることもありますのでまずは不調の原因を特定して対応したいですね。

愛犬のフレンチブルドッグが元気に毎日を過ごせるように食べ物にはぜひ気を配ってあげましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ