評価ランク
100gあたりの価格
 
ライフステージ
 
原産国
   
 
住居環境

犬にいちじくを与えてはいけない理由は?症状と対処法について

犬にいちじくを与えてはいけない理由は?症状と対処法について

日常的に食べる機会が少ない果物のいちじくは、整腸作用があるとされており、古くから珍重されてきた果物の一つになります。 私たち人にとって良い果物ですが、果たして犬にとって良いものなのでしょうか? 食べる頻度は少ないわけですが、いざ私たちが食べている時に犬が食べてしまって体調を悪くしてしまうのではと気になりますよね? 結論を言うと、犬にいちじくを与えてはいけません。 では、何故犬にいちじくを与えてはいけないのかその理由と、万が一食べてしまった時の対象などを見ていきましょう!

犬がいちじくを与えてはいけない理由とは

犬がいちじくを与えてはいけない理由とは 犬にいちじくを与えてはいけない理由は、いちじくに含まれているソラレンフィシンという中毒症状を引き起こす成分が含まれているからです。 ソラレンを犬が摂取すると、下痢や嘔吐の原因となってしまいます。また紫外線を吸収しやすい性質がありますので、日焼けしやすかったりシミができたりと体の外側にも影響があります。 フィシンは、もともとたんぱく質を分解する成分なのですが、犬たちにとっては体内の粘膜を壊してしまうことがあります。 またフィシンは、いちじくの葉や茎に含まれているので、犬が近くにいる時はいちじくの葉や茎が目に入らない場所や食べれないように処理しておきましょう。 犬が食べてはいけない危険な果物と野菜はこれだ!食べていいものと食べてはいけないもの33選 犬が食べてはいけない危険な果物と野菜はこれだ!食べていいものと食べてはいけないもの33選

森くん

他の果物や野菜もチェックしておこうね!

犬がいちじくを食べてしまった時の症状

犬がいちじくを食べてしまった時の症状 しっかりと処理しておくと、間違って犬がいちじくを食べてしまうことはありません。 ですが、いちじくの実や葉などが散らばってしまうことがあり、それを犬が食べてしまうとなんてことがあるかも知れません。 そんな時、いちじくを食べてしまった犬の体に起こりゆる症状はどのようなものなのか見ていきましょう。

森くん

他の果物や野菜もチェックしておこうね!

嘔吐や皮膚の損傷

与えてはいけない理由にて、紹介したとおりいちじくに含まれているフィシンは、犬の粘膜を壊してしまい口の中や皮膚が傷つきやすくなってしまいます。 また、ソラレンは下痢嘔吐を招く可能性があり、症状がひどい場合は犬が脱水症状になってしまう場合もあります。

森くん

もともと消化にいい成分らしいから、人よりも作用がつおいのかもね

アレルギーを引き起こす

体質によってなのか、犬がいちじくを食べることでアレルギーが発症することがあります。 いちじくによるアレルギーは、体調の良くない子や老犬などの条件によって、アレルギー持ちじゃなくても症状を引き起こしてしまうことがあります。 またこのアレルギーによって、脱水症状嘔吐じんましんなどの原因のひとつになってしまいます。

森くん

アレルギーから派生してしまうのは恐ろしいね…

犬がいちじくを食べてしまった時の対処法

犬がいちじくを食べてしまった時の対処法 いちじく誤って犬が食べてしまった時、どうしたらいいのかってわかりませんよね? ちゃんとした対処法があれば、それを実行しておきたいという気持ちがあることでしょう。 そんな飼い主さんのため、いちじくを犬が食べてしまった時の対処法を紹介していきます。

森くん

いざという時、パニックならないため知っておこうね

無理に吐き出させない

とっさに、食べてしまったいちじくを体内から吐き出そうと思うかもしれませんが、この行動は犬の体へ余計な負担をかけてしまうので止めましょう。 もし、いちじくを食べてしまったのなら、すぐに動物病院へと連れて行き獣医さんに診てもらいましょう。 また、犬がいちじくを舐めてしまう中毒症状が出てしまう場合があります。なので、吐かせることで対処できるわけではありませんので、獣医さんに診てもらうことが重要になります。 いちじくを食べさせないだけでなく、いちじくを触った手で飼い犬に触ったりしないように気を付けてください。飼い主さんがいちじくを食べるときには、誤って愛犬がふれないように最後までしっかりいちじくを管理するようにしてください。

いちじくの食べた後は片づける

いちじくを食べてひと休みとしたいところですが、いちじくの残り物を勝手に口にしたり触れたりと危険ですから、一休みする前に必ず後片付けをするようにしてくださいね。

いちじくを触れた手で触らない

いちじくを食べる時、少なからずいちじくの成分が手についてしまいます。その状態で犬に触れてしまうことで、アレルギーや中毒症状を引き起こす場合がありますので、いちじくを食べた後は手洗いして犬に触りましょう。

まとめ

アレルギーや嘔吐・下痢などの原因になってしまういちじくは、与えないようにしてください。体質によってはいちじくを与えても大丈夫な子はいるでしょうが、そもそも犬の体に良くない果物ですから不必要に与えることはしなくて大丈夫です。 もし、誤っていちじくを犬が食べてしまったのであれば、無理に吐き出させず動物病院で診てもらうようにしましょう。 また手の届く場所に保存したり、食べた後をそのままにしたりなどしないように注意しておきましょう。 犬たちが危険だと認識できないものは、私たちが注意深く取り除いてあげて安全に元気で過ごせる環境を作っていってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です