評価ランク
100gあたりの価格
 
ライフステージ
 
原産国
   
 
住居環境

犬が食べていいドライフルーツの種類は限られています!理由と症状・対策を解説!

犬が食べていいドライフルーツの種類は限られています!理由と症状・対策を解説!

少し前からフルーツグラノーラがブームになっていて、健康のために朝食に取り入れている人が増えています。

そしてそれが愛犬家となると、毎朝、飼い犬が興味津々な眼差しでグラノーラを見てくるけど、犬にドライフルーツを食べさせても大丈夫なの?と疑問に思ったことがある人もいるのではないでしょうか?

結論からいうと、果物によっては食べられます。とはいうものの、加工の仕方によっては糖分が多く含まれているので、後で与え方を解説しますが、あまり過剰に与えてはいけません。

↓あわせて読みたい↓

犬が食べてはいけない危険な果物と野菜はこれだ!食べていいものと食べてはいけないもの33選 犬が食べてはいけない危険な果物と野菜はこれだ!食べていいものと食べてはいけないもの33選

森くん

野菜や果物の事も知っておこう!

犬が食べてはいけないドライフルーツ一覧

犬が食べてはいけないドライフルーツ一覧

多くの果物がドライフルーツとして加工されていますが、中には食べていいドライフルーツと食べてはいけないドライフルーツがあります。

では早速犬が食べてはいけないドライフルーツから紹介していきましょう。

犬が食べてはいけないドライフルーツはプルーンとレーズンといちじくの3つしかありません。なので最悪この3つだけでも覚えましょう。

プルーンは犬にとって危険な食べ物!

プルーンは犬にとって危険な食べ物!

プルーンの葉や茎には「アミグダリン」という青酸中毒の原因になる成分が含まれています。なかなか食べることは無いと思いますが、誤飲する危険性は0ではないので、極力届く範囲い捨てないように気をつけましょう。

果肉の部分にはカリウムが大量に含まれていて「高カリウム血症」になることも考えられますので、ドライフルーツだけでなく生のプルーンも与えないようにしましょう。

レーズンを食べたら取り返しのつかないことに?!

レーズンを食べたら取り返しのつかないことに?!

レーズンは食べたら危険な果物として定着していますが、詳しいところなぜだめなのかというのはわかっていません。

ですが、中毒症状が多々報告されているので与えるのはやめておきましょう。

似ているものとして「ぶどう」があげられますが、こちらも食べてはいけません。そして、ぶどうとレーズンでいうとレーズンの方が少量で症状がでてくるので、レーズンパンやぶどうパンなどを与える際にも注意が必要です。

いちじくは犬に危険なソラレンとフィシンが含まれている!

いちじくは犬に危険なソラレンとフィシンが含まれている!

いちじくは人間には整腸作用がある成分として良い果物なのですが、ラテックスアレルギーやフィシン・ソラレンといった犬に危険な成分が含まれています。

フィシン・・・タンパク質分解酵素と言われていて、整腸作用を持ちます。犬には強すぎる働きをしてしまうので与えてはいけません。

ソラレン・・・紫外線の吸収を高めてシミ・ソバカスの原因になってしまう成分です。下痢や嘔吐をする可能性が高まりますので犬に与えてはいけません。

ラテックスアレルギー・・・天然ゴムのアレルギーです。イチジクに含まれる成分が天然ゴムに似ているのでアレルギー反応もでてしまいます。なので、犬に与えるのは控えましょう。

森くん

犬が食べていいドライフルーツ一覧

犬が食べていいドライフルーツ一覧

※写真に移っているレーズンやぶどうはダメです。

食べてはいけないドライフルーツは3種類だったのですが、食べていいドライフルーツは結構種類がありますので、よく売っているドライフルーツにされた果物を例にしてあげていきましょう。

  • いちご
  • パイナップル
  • パパイヤ
  • マンゴー
  • りんご
  • メロンなど

もちろん過度な食べ過ぎには注意が必要ですが、少量であれば食べても問題ありません。

ただ、ドライフルーツは加工の仕方によっては糖を多く入れて乾燥させていることもあるので、人間用に加工されているドライフルーツは注意が必要です。

森くん

基本的に犬用に作られたドライフルーツを与えよう!

人間用のドライフルーツはを与える際は注意が必要!

人間用のドライフルーツはを与える際は注意が必要!

人間用のドライフルーツは注意が必要です。

なぜかというと、人間用に調理されているからです。

人間の食用にするために加工されたドライフルーツは、基本砂糖漬けになっています。

犬が人間用のドライフルーツを食べると糖分の過剰摂取になるのです。糖分を摂りすぎると、人間と同じように犬も糖尿病になってしまいます。

犬は人間よりも体が小さいので、必要とする糖分の量も人間より少ないです。なので、ドライフルーツではなくちゃんと主食のドッグフードで糖分を取るようにしましょう。

森くん

飼い主さんが食べてたら美味しそうに見えて熱い眼差しで見てしまうけど、与えたらいけないよ!

愛犬がドライフルーツを食べてしまった時の症状

愛犬がドライフルーツを食べてしまった時の症状

普通は犬が少量のドライフルーツを食べたところで直ちに体調を崩すことはありません。

先程も言いましたが、ドライフルーツの中には犬がアレルギーを起こす食品が含まれているので、注意が必要になります。

そして、いままでドライフルーツを与えたことがないと一体どのフルーツがアレルギーを引き起こしたかが分かりません。

また、アレルギーを起こしたことに気づけない可能性も高くなります。

アレルギーの症状としては、全身のかゆみや赤み、抜け毛、下痢や嘔吐などがあります。ドライフルーツを食べた後で今言ったような症状がでたらアレルギーの可能性を疑いましょう。

森くん

わんちゃんは意外とアレルギーが多かったりするからしっかり愛犬のアレルギー状況を知っておくことが予防にも繋がるね!

愛犬がドライフルーツを食べてしまった時の対処法

愛犬がドライフルーツを食べてしまった時の対処法

少量のドライフルーツを食べただけで、いきなり体調を崩したり、命を落とすようなことはあまりありません。

ですが、大量に与えたり継続的に与えると犬の健康状態が悪化していきます。

対処方法としては、動物病院で獣医師の指示に従うのが一番安全です。

他にも一応吐き出させる方法などがありますが、基本的に危険が伴うのでここでは紹介しません。

動物病院に行く際には、どのくらい前になにを食べたのかと伝えましょう。実際に食べた物も持っていくと診断がスムーズに進むので焦らずに把握した上で動物病院に行きましょう。

森くん

ドライフルーツ以外でも食べちゃいけない果物・野菜を食べたら動物病院に行くことをおすすめするよ!

まとめ

ドライフルーツは高熱加工して無理やり乾燥しているものがほとんどです。果物に含まれるビタミンは熱で壊れやすいです。

なので、基本的に人間用のドライフルーツの栄養価は期待できません。犬用に加工されたドライフルーツを与えるようにすることとあくまでドッグフードが主食ということを忘れずに与えてくださいね!