愛犬がドッグフードを食べない原因や改善方法と食べるようになった体験談をご紹介します

愛犬がドッグフードを食べない原因や改善方法と食べるようになった体験談をご紹介します

愛犬が突然エサを食べなくなったら心配になりますよね。与えているのはいつものドッグフードなのにどうして食べないのだろう。

考えているとだんだんと不安になってしまいます。ここでは考えられるいくつかの原因について解説しています。もしかしたら、そのうちのどれかに当てはまるかもしれません。

なお、食べないからといって、手で直接食べさせてあげるのは止めましょう。癖になって、今後一切、飼い主の手以外からはエサを食べなくなってしまいます。

森くん

僕たち犬にはちゃんとドッグフードを食べない原因があるんだ!

愛犬がドッグフードを食べない原因

愛犬がドッグフードを食べない原因

ドッグフードを食べない原因として一番心配のいらないものは、単に犬の虫の居所が悪くて食べたくないという場合です。インドアの飼い主さんがたまに旅行にいっただけでも不機嫌になることがあります。

また、よくあることですが、おやつにいつもと違う食事を与えてしまった場合もドッグフードを食べなくなることがあります。

犬にとって新しいおやつの方がおいしかったので、いつものドッグフードに興味がなくなってしまったのです。

心配が必要な原因は、どこか体調が悪く食欲がない場合です。あるいは、愛犬の年齢が高い場合は、年齢によって従来よりも食欲がなくなってしまうことがあります

森くん

犬がドッグフードを食べない状況を改善しなきゃね!

犬がドッグフードを食べない状況を改善する方法

犬がドッグフードを食べない状況を改善する方法

ドッグフードを食べないのが、単に犬の機嫌が悪いだけの場合は、犬の機嫌が直るまでそっとしておけば大丈夫です。下手に相手にすると犬がわがままになるので、構わないようにしましょう。

これはただ放置するのではなく、構わずにしっかり様子を見守ってあげましょう。もしかしたらなにか不審な動きをしているかもしれません。病気の前兆であることもあるので、観察は怠らずに。

同様に、犬がおいしいものを食べてしまっていつものドッグフードに興味を失ってしまった場合にも、相手にしてはいけません。その場合は、一度出したドッグフードを取り上げてしまうことです

つまり、いつものドッグフード以外は食べられないということを教え込むことです。飼い主のほうが根負けしないことだけ気を付けましょう。

間隔を開けすぎて不規則な時間に与えてしまうのもダメなので、この時間まで耐えたらいつものドッグフードを与えてあげると割り切っておくとワンちゃんも飼い主さんもストレスは少ないと思います。

そして病気が原因の場合は、すぐに動物病院に連れて行きましょう。体調不良かどうかを見分けるには、日頃から愛犬の様子を観察して、普段と違う様子がないかどうか確認するしかありません。

いつもと違うかどうかは、いつもの様子を把握している必要があります。

森くん

いつもと違う挙動を見せたら、安易に考えないで動物病院の獣医師の指示に従ってね!簡単に普段とどう違うか説明できたらスムーズに診断は進むよ!

家の愛犬が老犬になってきた場合の対策

家の愛犬が老犬になってきた場合の対策

犬は年齢とともに一日の活動量が低下していきます。それは、加齢によって体力が低下するからです

そのため、、一日に必要なカロリーの量(ドッグフードの量)も元気なころに比べて減らしていかないといけません。

食べやすいようにドッグフードを細かく砕いてあげたり、お湯(湯気)でふやかしてあげたりすると、食べるようになります。

こうしたら食べるようになった!飼い主さんの体験談

こうしたら食べるようになった!飼い主さんの体験談

実際に犬がドッグフードを食べなくなったとき、こうしたら食べるようになったという体験談を集めてみました。

  • ドッグフードに犬用のふりかけを掛けたら食べるようになった
  • ヨーグルトを掛けたら食べてくれた
  • ドッグフードの種類を変えたら食べてくれた
  • 食べるまで同じドッグフードを与え続けた
  • 嘔吐をしたので動物病院に連れて行ったらお腹を壊していた

飼い主のみなさんは、いろいろと試しているようですね。ですが、犬主導で対応するのはいけません。食事もしつけだということを頭において、飼い主主導で愛犬がドッグフードを食べるようにしつけましょう。

森くん

しつけとかは幼犬の頃からしておかないといけないけど、ドッグフードを変えたり色々工夫するのは今からでもできるからドッグフードを食べなくなっても冷静に行動しよう!

まとめ

犬ガドッグフードを食べない原因は様々ありますが、ここに書いている以外はほとんどが病気の場合が多いです。

細菌やウイルスからくる感染症や生活習慣病などのことも考えられますので、口酸っぱく何度も言いますが自分で判断せずに動物病院で獣医師の判断に従ってください。

ドッグフードも切り替える時は「激安・大容量」ではなく「無添加・高品質」な無添加ドッグフードを与えてあげましょう。