評価ランク
100gあたりの価格
 
ライフステージ
 
原産国
   
 
住居環境
モグワン半額キャンペーン実施中!

日本で一番売れていると噂されている愛犬元気は危険?レビューと原材料から評価してみた

日本で一番売れていると噂されている愛犬元気は危険?レビューと原材料から評価してみた

安心安全にドッグフードを食べて愛犬の健康を守っていくために、様々な世の中に出回っているドッグフードを独自に評価して皆さまにご紹介しています。 今回は人が食べて安全な原材料を使うことで、愛犬たちが実際に食べても安心安全であるとうたっている「愛犬元気ドッグフード」を独自の評価を入れつつ評判口コミ・こだわりをご紹介していきます。

愛犬元気ドッグフードとは?

愛犬元気はCM放映されていましたし、ペットショップのフードの陳列棚にも必ずと行っていいほど置いてあります。ドッグフードとしてはかなり有名な部類で日本一売れいているドッグフードとも言われています。 ですが、そんな愛犬元気のドッグフードは穀物が主原料となっています。果たしてこれは良いことなのでしょうか?

森くん

愛犬元気ドッグフードを詳しくみていこう!

ラインナップが豊富

愛犬元気のドッグフードはドライフード・缶タイプ・パウチタイプ3つがあり、用途や犬種によって使い分けることができます。
  • ドライフード(15種類)
  • 缶タイプのドッグフード(14種類)
量が量なので、全部はしょうかいできませんが、下のほうで何種類か商品のレビューをしているので御覧ください。

愛犬元気ドッグフードのこだわり

愛犬元気ドッグフードが特にこだわっている部分を紹介!
圧倒的な美味しさと栄養がぎっしり お肉の旨味と香りの相乗効果で犬が喜ぶ美味しさを実現。 愛犬の年齢や特徴に合わせた商品ラインナップ 子犬、7歳以上、10歳以上、13歳以上といった年齢別商品を用意しています。

森くん

ワンちゃんにとっておいしさは確かに大事かもしれないけど、栄養面をしっかりしてあげないとダメだね・・・

愛犬元気ドッグフードの評価

愛犬元気ドッグフードの気になる評価点数は5点満点中… Dランク1.5点

森くん

1.5点だった愛犬元気ドッグフードの良いところと悪いところを見ていこう!

愛犬元気ドッグフードの良いところ

  • 量に対しての価格が安い。コスパは最高!

森くん

店頭で並んでいるようなドッグフードはコスパが基本的に良いんだ

愛犬元気ドッグフードの悪いところ

  • 穀物が主原料で消化しづらい。グルテンアレルギーのも注意が必要。
  • 動物性油脂を使っているから強力な薬物が使われているよ!(動物性油脂が腐りやすいため)
  • 肉類の質が悪い(4Dミートを使っている可能性アリ)
  • ビートパルプは不溶性の繊維であることからうんちが詰まりやすくなる(便秘になる)

森くん

有名なところというだけにすごく残念だね。悪いところが集まったようなドッグフードだ

愛犬元気ドッグフードを使った評判口コミ

Amazonでユニチャームからでているドッグフードの「愛犬元気 ビーフ・緑黄色野菜・小魚入り 6kg」を購入された愛犬家さんたちの評判口コミになります。

愛犬元気の評判口コミ

愛犬病気! 原材料を見て6kgも入ってこの価格、いかにクズ原材料か見ればわかります、愛犬の体に悪い物のオンパレード、こんな物でよくも愛犬元気と名前を付けた物だ! 愛犬病気が正解! こんな物を食べさせられているワンチャンは可愛そうでたまらない!臭いを嗅げば解ります、化学薬品の異臭がします。
美味しいんかな?? うちの愛犬の大好物です✧ 他のドライフードはなかなか食べてくれません・・・

森くん

価格が安いだけにコストをかけずに作っているから口コミ評判はよくないみたい。大手特有のステマレビューが多かった・・・

愛犬元気ドッグフードの製品情報

愛犬元気から売られているドッグフードで人気のあるのドライフードの紹介をさせていただきます。

愛犬元気 ビーフ・緑黄色野菜・小魚入り 6kg

愛犬元気 ビーフ・緑黄色野菜・小魚入り 6kg
ブランド名 愛犬元気
メーカー ユニ・チャーム
原産国 不明
価格 1274円(税込)
内容量 6kg

森くん

愛犬元気ドッグフードの原材料や成分を確認してみよう!

原材料

穀類(トウモロコシ、小麦粉、コーングルテンミール、フスマ、パン粉、コーングルテンフィード等)、肉類(チキンミール、チキンエキス、ビーフパウダー、ササミパウダー等)、動物性油脂、脱脂大豆、野菜類(ビートパルプ、ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー)、魚介類(フィッシュミール、乾燥小魚)、ビール酵母、チーズパウダー、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、ナトリウム、リン、亜鉛)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、着色料(赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)

↓よくドッグフードに入っている危険な原材料一覧↓

買う前に知っておきたいドッグフードの危険な原材料や添加物について 買う前に知っておきたいドッグフードの危険な原材料や添加物について

森くん

主原料が穀物なところをみると低価格で提供できる理由がわかるね。せめて主原料は肉にしてほしい・・・

成分

たんぱく質 23%以上
脂質 10%以上
粗繊維 4.5%以下
灰分 8.5%以下
水分 10%以下
※100gあたりのエネルギー360kcal

森くん

成分や成分量に問題はなさそうだね

愛犬元気ドッグフードのドライフード一覧

愛犬元気にはオールドタイプだけでなく肥満や一部犬種に合わせたドライフードが用意されていますので紹介していきます。

森くん

どんなドライフードのドッグフードあるんだろうね?

愛犬元気 全成長段階用

可愛いハートの粒が入った美味しさと栄養バランスに配慮されたドライフードシリーズです! 愛犬元気全成長段階用
商品名 内容量 価格
ビーフ・緑黄野菜・小魚入り 2.3kg・6kg 1131円・1274円
ビーフ・緑黄野菜・小魚入り 7歳以上用 2.3kg・6kg 1131円・1274円
ささみ・ビーフ・緑黄色野菜 2.3kg・6kg 615円・1274円
ささみ・ビーフ・緑黄色野菜 7歳以上用 2.3kg・6kg 1030円・2020円
ビーフ・ささみ・緑黄色野菜・小魚入り 10歳以上 1.8kg 615円
ささみ・ビーフ・緑黄色野菜・小魚入り 10歳以上 中・大型犬 6kg 1941円
ささみ・ビーフ・緑黄色野菜・小魚入り 13歳以上 中・大型犬 1.8kg・5.5kg 1029円・2057円

愛犬元気 健康に育つ子犬用

育ち盛りな子犬に合わせてカロリー調節されたドライフードになります! 愛犬元気健康に育つ子犬用
商品名 内容量 価格
チキン・ささみ・緑黄色野菜・小魚入り 2.0kg 1154円

愛犬元気 肥満が気になる愛犬用

肥満気味や肥満の子に向けて作られている低脂肪のドライフードシリーズです! 肥満が気になる愛犬用
商品名 内容量 価格
さみ・ビーフ・緑黄色野菜・小魚入り 2.3kg・6kg 615円・1274円
ささみ・ビーフ・緑黄色野菜・小魚入り 7歳以上 2.3kg・6kg 615円・1178円

愛犬元気 小型犬用

小型犬が食べやすいサイズの粒になっており、ビタミン・ミネラルも十分にとれるように調節されたドライフード 小型犬用
商品名 内容量 価格
ささみ・ビーフ・緑黄色野菜・小魚・チーズ入り 1.0kg 366円
ささみ・ビーフ・緑黄色野菜・小魚・チーズ入り 7歳以上 1.0kg 412円
ささみ・緑黄色野菜・小魚入り 低脂肪 1.0kg 412円

愛犬元気 柴犬用

柴犬のデリケートな皮膚をしっかりケアしてあげたい気持ちで作られたドライフードになります! 柴犬用
商品名 内容量 価格
ビーフ・緑黄野菜・小魚入り 2.1kg 631円
ビーフ・緑黄野菜・小魚入り 7歳以上 2.1kg 615円

※価格はAmazon参考をしています。

森くん

ドライフードタイプだけでも結構種類があるんだね!

愛犬元気以外のユニ・チャームブランドは?

愛犬元気は、ドッグフード大手企業のユニチャームから販売されているブランドの1つで、他にもユニ・チャームから出ているブランドがありますので紹介します! 現在当サイトで独自評価をしているブランドはこちらになります!
  • ユニ・チャーム ベストバランス
  • 銀のさら
  • 愛犬元気
  • 愛犬元気 グラン・デリ

↓ユニチャームブランドの総評記事はこちら↓

ユニチャームドッグフードがおすすめできない理由を口コミ評判や原材料から評価してみた ユニチャームドッグフードがおすすめできない理由を口コミ評判や原材料から評価してみた

愛犬元気ドッグフードの販売会社

愛犬元気ドッグフードの販売会社を見てみよう!
会社名 ユニ・チャーム株式会社
本社所在地 東京都港区三田3-5-27 住友不動産三田ツインビル西館
本社電話番号 03-3451-5111
事業内容 ベビーケア関連製品、フェミニンケア関連製品、ヘルスケア関連製品、化粧パフ、ハウスホールド製品、ペットケア関連製品、産業資材、食品包材等の販売

森くん

生産国は日本だよ!

まとめ

穀物を主原料としているため、栄養面での不安が残る愛犬元気の評価はあまり高いものにはなりませんでした。 低価格で提供している分には問題ないのですが、やはり愛犬の健康を考えるのであれば、もっと良い原料を使ってほしいものですね。 原産国もわからない点や健康面を気にするのであれば、「無添加ドッグフード」に切り替えることをおすすめします。